TOP > スーパー戦隊シリーズの玩具 > 天装戦隊ゴセイジャー >  カプセルゴセイヘッダー1

カプセルゴセイヘッダー1

ゴセイヘッダーの200円カプセル商品です。
もちろん、DX玩具のゴセイヘッダージョイントに取り付けて遊ぶことができます。

ラインナップは、ゴセイグレートを形成する5体のヘッダーと
ドラゴンヘッダーのエキゾチックブラザーVerの全6種。

フェニックス・スネーク・タイガーはバイザーを下ろしたゴセイブラスターVer.として造型されています。

<2010年3月中旬発売・バンダイ>

後ろから。

下から。
全てのヘッダーに車輪が備わっており、転がし遊びができます。
シャークのみプルバック走行ギミックあり。

では、各ヘッダーごとに紹介。

ドラゴンヘッダー

ツノの下に差し込まれているスイッチストッパーを取り外します。

ツノを後方へスライドさせると、口の中のLEDが光ります。
常時点灯状態となり、ツノを元の位置に戻すと消えます。

ちなみにストッパーは一度外してもまた取り付けることができるので、
遊び終わったら誤動作防止にまた取り付けておくと良いでしょう。

DXゴセイグレート(以下DX版)付属のドラゴンヘッダー(右)と比較。
大きさはほとんど同じですし、各部の形状も大体同じなのですが、
ツノが合体時に干渉しないよう小さくなってしまいました。
(DX版では前後に可動させることで対応)
あとは車輪が目立つかな。

塗装は大分簡略化されています。
歯とか目の周りの黒だけでも塗り足してやると見違えそうですね。

更にゴセイブラスターVer.も加えて。
ドラゴンヘッダーだけでももう3種類。

ゴセイブラスターに合体。
見た目の印象はDX版とそんなに変わりませんが…。

発光場所が銃口と銃身の2箇所になり豪華に。

ちなみにヘッダー合体音や銃撃音はちゃんとスカイック属性のものが鳴ります。
詳しくはゴセイブラスターのレビューにて。

アップで。
当然トリガーの操作に関係なく常時点灯状態ですが、
やはり銃玩具の銃口が光るのは嬉しいですね。

ゴセイドラゴンのボディと合体。
発光状態は、さながら口から吐く火炎攻撃をイメージしているかのよう。
これでアゴが可動すれば最高だったのですが。

フェニックスヘッダー

転がし走行させると(車輪が回転すると)頭部が上下に動きます。

DX版のフェニックスヘッダー(右)と比較。
一番の違いはやはり、バイザーが下がってゴセイブラスター装着状態の造型になったことですね。
その他の部分もデザインが微妙に変わっていたりするんですが、それは公式通りなので問題ありません。
(ゴセイブラスター装着状態とゴセイマシン状態ではデザインが違っている)

ゴセイブラスターに合体。
ようやく劇中通りのフェニックスバレット発射状態が再現出来ました。

ヘッダー合体音や銃撃音はもちろんスカイック属性。

ゴセイフェニックスのボディと合体。
サイズがDX版とほぼ同じなので、頭でっかちにはなってません。

ちなみに、このまま転がし走行させると頭部が上下に動きます。
首辺りを少し上から押してやれば反応がよくなります。

スネークヘッダー

転がし走行させると(車輪が回転すると)頭部が左右に動きます。

DX版のスネークヘッダー(右)と比較。
フェニックスと同じくゴーグルが下がったゴセイブラスターVer.です。

ゴセイグレート版はヘッダー単体だと傾いてしまうのですが、
カプセル版は車輪(と補助脚)があるおかげでまっすぐに立てていますね。

ゴセイブラスターと合体。
劇中通りのスネークバレット発射状態を再現できます。

ヘッダー合体音や銃撃音はランディック属性。

ゴセイスネークのボディと合体。
こちらもDX版と大きさは変わってないので違和感なし。

転がし走行ギミックは、車輪が接地してないので死にギミックとなります。 ちょっと残念。

タイガーヘッダー

転がし走行させると(車輪が回転すると)頭部が上下に動きます。

DX版のタイガーヘッダー(右)と比較。
やはりこれもゴーグルが下がったゴセイブラスターVer.です。

気になるのは口の中が埋まっていること。
ギミックを仕込む為なんでしょうが、こんな見栄え悪くなるくらいならギミック無しでもよかったなあ…。

あと黄色の色合いが違いすぎるのでゴセイマシン状態のときに違和感が生じます。
塗装なのでなかなか難しいところではあるんでしょうけど。
(ゴセイグレート版の黄色は成型色)

ゴセイブラスターと合体。
タイガーバレット発射状態が再現できるのはいいんですが、
ジョイント部分が白いのがなんだかちんちくりんな感じ…。

ヘッダー合体音や銃撃音はランディック属性。

ゴセイタイガーのボディと合体。 やはり黄色が明るすぎるんだな。

転がし走行ギミックは車輪が接地しないので不可。

シャークヘッダー

プルバック走行ギミックを搭載しており
バックさせてから離すと勢いよく走行します。

DX版のシャークヘッダー(右)と比較。
プルバックギミックが入った下あごとジョイント部の白以外は印象はほとんど変わりません。
口の中がタイガーと同じく埋まっていますが、こちらはあまり気にならないです。

ゴセイブラスターVer.も含めて3種を比較。

ゴセイブラスターに合体。
やはりジョイント部の白が…。

ヘッダー合体音や銃撃音はシーイック属性。

ゴセイシャークのボディと合体。
転がし走行ギミックはプルバックの車輪がギリギリ浮いているので不可です。
このまま走れば面白かったでしょうが、そもそもボディを引っぱるほどの力があるのか?

ドラゴンヘッダー(エキゾチックブラザーVer.)

ドラゴンヘッダーの紫リカラー版で、TV本編にも登場予定。

ラインナップ内のドラゴンヘッダーの色を変えたものなのですが、
何故か発光ギミックがオミットされています。 これはどういうことなのか?
よく見るとスイッチだったツノが頭部と一体成型になっています。
何で金型を変えてまでマイナス方向に変更したんだ…。

カプセルドラゴンヘッダーと比較。
造型は見ての通りツノ部分以外は同じ。

ゴセイブラスターに合体。

音声はもちろんスカイック属性。

ゴセイドラゴンに。 頭部だけ紫なのでなんか具合悪く見えます。

カプセルゴセイヘッダーを使用して天装合体!

ドラゴンの発光は合体形態でも効果を発揮。

胸をエキゾチックに。

ドラゴン・シャークをゴセイブラスターVer.に変更。
全てのヘッダーがバイザー装着状態となり、戦闘中も安心です(?)
劇中と異なりますが、個人的にはこのバージョンが好み。
フェニックスヘッダーは反対側のシャークに合わせてサイズアップしてくれると良かったなあ。

ゴセイブラスターVer.のゴセイヘッダーが集合。

ヘッダーアイランドから出撃し、バイザーを装着するシーンを再現。
ドラゴンは造型が違いすぎてちょっと無理があるな…。

以上、カプセルゴセイヘッダー1でした。

造型重視のDX版と比べると見た目には少々厳しいものがありますが、
玩具では手に入らないフェニックス・スネーク・タイガーのゴセイブラスターVer.が混入されているので、
これらが欲しかった人には見逃せないアイテムとなっています。
こうしてカプセル商品で補ってくれるとは思わなかったので、嬉しかったですね。

他のヘッダーも、ドラゴンの発光ギミックはかっこいいですし、シャークのプルバックも王道なギミックで楽しい。
個人的には今回のラインナップは外れがないように感じました。
(エキゾチックは…ギミックオミットはあれですがブラザーを揃えるために必要ですし)

<2010/3/27 UP>

inserted by FC2 system