変身回転ブレス タツロット

<2008年7月19日発売・3,990円・バンダイ>



タツロット

渡の怒りに反応し、キャッスルドランの天井を突き破って登場。 キバットもその正体を知らないようだ。
仮面ライダーキバをエンペラーフォームに変身させる能力を持つ。
登場後はキバットと同様、渡の家に住み着いている模様。

電池ボックスは本体裏側。 単4乾電池2本使用。

本体側面の電源スイッチを○に合わせると、キュゥンというタツロットの鳴き声(?)と
「さあ、いきますよ」というセリフが流れて起動。

写真のようにタツロットの頭部を矢印の方向に引っぱると、背中のルーレットが回転し、以下のセリフが流れます。
(セリフの前にプォン!という音が鳴ります。 音程は3段階)
声は番組のタツロットと同様、石田彰氏。 ルーレットの絵柄とセリフの関連性は特にないようです。

「さあ、いきますよ〜」 「ドラマティックにいきましょう〜」 「ごきげんよう」 「テンション、フォルティッシモ!」
「今宵はあなたのために」 「フラットな気分……」 「グルグルグルグルグルグルグルグル」 「お待たせしました〜」
「どいてください、キバットさん」 「グルグルグルグルグルグルグルグル(×2)」 

キバットバットV世と。







台座ベルトの組み方。

<台座を裏から見た状態>

写真のように、台座にベルトを通します。 ベルトの表と裏に注意。
ベルトの裏のズレ止め(右の写真で○で囲っている部分)が2つのバーの間にくるように固定。

ベルト止めをベルトに通します。
右写真は表から見た状態。 突起を乗り越えてベルト止めを通します。

自分の手首と腕のサイズに合わせて、ベルトを調節。
ベルト止めを突起の位置までスライドさせて固定。

タツロットを召喚するとキバの左腕に出現する、“パワールースト(とまり木)”。
説明書では“台座ベルト”と呼称。






キバ、ファイナルウェイクアップ! エンペラーフォームに変身!! 全ての力を解放せよ!!!

タツロットを台座べルトにセット。 画像に記した4ヶ所のジョイントをしっかり固定します。

ガシャッ ガシュガガシュィーン 「変身!」 ウオオオーーン シュゴオオバシュウウウーーン

というエンペラーフォーム変身音が鳴ります。
「変身」のセリフがないバージョンもあり、変身のたび上記のセリフと交互に鳴ります。

仮面ライダーキバ エンペラーフォーム変身状態。

キバはタツロットによって、全ての拘束具とカテナを解き放たれることにより、エンペラーフォームに変身する。

腕に巻いてみたところ。 ブレス系玩具としては相当大きく、そのボリューム感と重量には圧倒されます。
ただ子供は問題ないでしょうが、大人には腕側のべルトが少々短かめ。 私は最大まで伸ばしてギリギリでした。




必殺技(フィーバー)遊び。
おしゃべり遊びと同様、タツロットの頭部を引っぱります。(離すと元に戻ります)

キュルルルーーン ピシュウゥンという回転サウンドが鳴り、ルーレット盤が回転します。
全部で3枚内蔵されており、左と右のルーレット盤は反時計回り、真ん中は時計回りに回転します。
回転は1秒ほどで止まり、下記の4種類の絵柄が必ず揃います。

“ウェイクアップフィーバー”
仮面ライダーキバ エンペラーフォームの必殺キック“エンペラームーンブレイク”発動。
「ウェイクアップフィ〜バ〜!」とセリフが流れ、
ピキイィンギュウアァァアンビシュアンシュウウーーンという必殺技音が鳴ります。

“ガルルフィーバー”
「ガルルフィ〜バ〜!」とセリフが流れ、同様の必殺技音が鳴ります。

“バッシャーフィーバー”
「バッシャ〜フィ〜バ〜!」とセリフが流れ、同様の必殺技音が鳴ります。

“ドッガフィーバー”
「ドッガフィ〜バ〜!」とセリフが流れ、同様の必殺技音が鳴ります。

ギミックの不具合で絵柄が揃わずに止まることもありますが、その場合でも上記のいずれかのサウンドとセリフが流れます。



また、ルーレットを4回連続で回転させると、「ウオオオオオオオオーーー!!!」と雄叫びが流れ、
ベキガキボキバキドバシュオオオオオオオオ…みたいな非常に表現しにくい(笑)音が鳴ります。
これは説明書でも、新たなモードへの変身音だと書かれています。



タツロットの外し方(変身解除)。
○で囲ったロック解除ボタンを左右同時に押しながら、タツロットを外します。

なお、タツロットを外した後も、4回まではフィーバー遊びができます。
新フォーム音を鳴らすためかな…? 4回引き終わると、おしゃべり遊びに戻ります。







ガルルセイバーバッシャーマグナムドッガハンマーとの合体。
3体のモンスターアームズをそれぞれ武器モードに変形させておきます。
変形方法はそれぞれのレビューページを参照してください。

まずガルルセイバーと合体。 柄の底にあるジョイントにタツロットの尾をカチッとはめ込みます。
ガッキュン! キュッキィギュウゥーウオォーー…ン、ガッキィン!という合体音が鳴ります。
この合体音、残念ながらどの武器と合体しても同じです。

ガルルセイバー・タツロット合体状態。
今後、正式名称が判明したら、直します。

合体状態で頭部を引っぱると、キイィーーーイン!ギュアァーーン、シュウァーーンという合体攻撃音が鳴ります。
(ついでにルーレットも回る。 合体している武器以外の絵柄が揃うとすごく萎える…)
これも当然、どの武器と合体していても同じ音です。

外し方は、台座から取り外す時と一緒。 ロック解除ボタンを左右同時に押しながら、引き抜きます。




バッシャーマグナム・タツロット合体状態。
銃口に合体させて銃身が長くなり、かっこよくなったと思います。
合体音や合体攻撃音は上記の通り、同じです。

ドッガハンマー・タツロット合体状態。
これも持ち手が長くなって、かっこよくなったかな…?



イクサカリバーとも合体可能。 しかし説明書では何故か“イクサカリバーとは合体させないでください”と書いてあります。
ギミック上は問題なく合体できるし、何でダメなの?と考えたら…。 やっぱり(子供の)安全性のためでしょうね。
イクサカリバーはグリップをスライドさせて遊ぶから、万が一にも外れたりしたら危ない、と判断したのでしょう。

見た目ですが銃モードはグリップが長すぎて、なんかもう銃に見えません。 合体音や合体攻撃音が同じなのは言わずもがな。







タツロットの裏にはタツロットフエッスルがセットされており、取り外すことができます。

変身ベルト&フエッスル キバットベルトと連動。

ブオォーー… キイィーギシィービシュウゥーーン(表現しにくい音ばっか…)というタツロット召喚音が鳴ります。
LEDは赤、紫、青、緑、紫、赤の順に光ります。

イクサベルトとも連動。 タツロットフエッスルは小さいので、埋まってしまっています(笑)。
ブオォーー…(ピシュウゥーィイン) ピロピロピロ…という感じ。





おおむね満足できたんですけど、今ひとつ何かが足りない感じ。
やっぱりLEDの発光くらいは欲しかったところです。










仮面ライダーの玩具

TOP

<2008/7/21UP>

inserted by FC2 system