TOP > 仮面ライダーの玩具 > 仮面ライダーディケイド > FFRシリーズ・レビュー 第2回  「FFR01 クウガゴウラム」・「FFR02 リュウキドラグレッダー」・「FFR03 ブレイドブレード」

FFRシリーズ・レビュー 第2回
「FFR01 クウガゴウラム」・「FFR02 リュウキドラグレッダー」・「FFR03 ブレイドブレード」

「聞いていた通りだな…、悪魔!」

FFR(ファイナルフォームライド)シリーズ・レビュー第2回は
「FFR01 クウガゴウラム」、「FFR02 リュウキドラグレッダー」、「FFR03 ブレイドブレード」を紹介。

各商品に付属する仮面ライダーカード。
左からリュウキドラグレッダー、クウガゴウラム、ブレイドブレードに付属。
どれも仮面ライダーを変形させる効果があるFFRのカードです。
それぞれをDXディケイドライバーにセットすると、
(左から)「ファイナルフォームライド・リュリュリュリュウキ!」
「ファイナルフォームライド・ククククウガ!」
「ファイナルフォームライド・ブブブブレイド!」

という劇中と同様のセリフを喋ります。

「ちょっとくすぐったいぞ」

“FFR00 仮面ライダーディケイド”と比較。
同じシリーズだけあってサイズは大体統一されています。

FFR01 クウガゴウラム

仮面ライダークウガ
クウガの世界”に登場する仮面ライダーで、“小野寺ユウスケ”が変身する。

ディケイドのFFR(ファイナルフォームライド)カードにより、ゴウラムに似た“クウガゴウラム”に変形。
写真は変形直前に、クウガゴウラムのパーツが出現したクウガの状態である。

可動箇所は首・肩・上腕・肘・手首・指・股・腿・膝・足首。
残念ながら腰の回転はありません。

上半身のアップ。
目がクリアパーツではありませんが、顔の造型はかなり良いです。
胸部など、メタリックレッドの塗装が綺麗ですね。

変身ベルト・アークル。
ゴウラムの前足パーツがベルトを押さえつけています。
塗装は必要最低限といった具合。 アークルの造型をよく見るとライジングっぽいんですが…。

脚はクウガゴウラム時にツノになります。
正面からならともかく、横からだと目立ちますね。

可動範囲。 腕は横に90°程上がります。

肘も90°程曲がります。 上腕にロールあり。
指は可動します。 これは全FFRの共通仕様。
脚が上がる角度、膝が曲がる角度も90°位。 腿はロール可動します。

肘にはゴウラムの後足パーツを装備。 前に回転させてトンファーのようにして遊べます。
ツメをミサイルに見立てて、発射形態のようにも。(右写真)

変身ポーズもそれなりに決まります。

キック前の溜め。

マイティーキック!

装着変身(左)とS.H.フィギュアーツ(右)と比較。
可動を重視したフィギュアと比べても、プロポーションの面で見劣りしていません。
余計にくっ付いたパーツのことは考えずに、ですが。

「ファイナルフォームライド・ククククウガ!」

仮面ライダークウガがクウガゴウラムに変形した状態。

一部クウガの部分が見えてしまうものの、ちゃんとゴウラムしてます。
脚が違和感無くツノに見えるのがすごい。

裏から見てはいけません。

「これは…?」 「これが、俺とお前の力だ!」

ディケイドに付属するスタンドを使用して、FFRディケイドをクウガゴウラムに乗せたところ。
もちろんFFRディエンドやFFRコンプフォームを乗せて遊ぶこともできます。

羽根を開くことができます。

「ファイナルアタックライド・ククククウガ!」

ディケイドとクウガゴウラムによるFAR(必殺技)を再現。
敵を挟んでないんでディケイドVSクウガゴウラムみたいに見えますが。

オマケその1。
オリジナルのクウガ放送時期に発売された、バトルゴウラムと比較。
これほどまでのサイズ差があります。

オマケその2。
バトルゴウラムにFFRディケイドを乗せたところ。
劇中のCGを見た限り、サイズ対比はこちらの方が近いようなのでやってみました。

FFR02 リュウキドラグレッダー

仮面ライダー龍騎
龍騎の世界”に登場する仮面ライダーの1人で、“辰巳シンジ”が変身する。

ディケイドのFFRカードにより、ドラグレッダーに似た“リュウキドラグレッダー”に変形。

クウガゴウラムと違い、変形に必要なパーツは龍騎の武装扱いになっているので、
未装備状態では通常の龍騎に近い外見になります。
正面から見れば、ですが。

可動箇所は首・肩・上腕・肘・手首・指・股・腿・膝・足首。
腰の回転はクウガ同様ありません。

上半身のアップ。
頭部の造型はクウガと同じく高い完成度です。
ソリッドフェイスシールドとレッドアイも綺麗に塗り分けられています。

左腕にドラグバイザーを装備。 着脱はできません。
何気に造型されているグリップが嬉しい。

Vバックルの紋章は造型で立体的に再現。
今までプリント処理が定番だっただけに、これは嬉しいですね。

背中のヒレや脚のウロコは正面以外の角度だとやはり目立ってしまいます。

可動範囲。 腕は肩パーツが干渉するので横に上がる角度は90°以下。

腿が上がる角度も90°以下です。 股から斜めにねじれば上がらないこともないんですが。

武装一覧。
左から“ドラグクロー”、“ドラグセイバー”、“ドラグシールド”(2個)。

「ストライクベント」

ドラグクローを装備。 内部のグリップを可動指に握らせます。
ドラグレッダーの頭部になるギミックの関係上、オーバースケール気味なのはもはや伝統。
いつかフィギュアーツ化される際には、是非小さめのドラグクローをお願いしたいです。

「ソードベント」

ドラグセイバーを装備。
接続のための突起があるおかげで柄の下の方しか握らせることができません。

「ガードベント」

両肩に装備させることができます。 グリップがないので手に持たせることはできません。
説明書通りにやると左写真のような装備の仕方になるのですが、
右写真のように上下を逆にして装備した方がかっこいいと思いますね。

フル装備状態。

装着変身の龍騎(右)と比較。
変形を前提としたFFR版の方が、装着変身版よりもプロポーションが良いです。
顔、Vバックル、ドラグバイザー等の造型レベルもFFRが上。

「ファイナルフォームライド・リュリュリュリュウキ!」

仮面ライダー龍騎がリュウキドラグレッダーに変形した状態。
ドラグクロー、ドラグセイバー、ドラグシールド2個をフル活用して完成します。
龍騎の胸部や腕が見えてたりしますが、それを含めてもかっこいいドラグレッダー形態です。

反対側から見ると頭が…。

ドラグクローのグリップは公式では残念ながら余剰になってしまいます。
私は後ろ側の手に持たせることにしています。

「これは…!」

ディケイドとリュウキドラグレッダー。

リュウキドラグレッダ−にはスタンド接続用のピンがないので、
クウガゴウラムのようにディケイドを上に乗せて遊ぶことができません。
最も、劇中でも乗っていないので全然問題はありませんが。 
写真は無理矢理跨らせてみたところ。

「ファイナルアタックライド・リュリュリュリュウキ!」

劇中のディケイド版ドラゴンライダーキックを再現。

FFR03 ブレイドブレード

仮面ライダーブレイド
ブレイドの世界”に登場する仮面ライダーの1人で、“剣立カズマ”が変身する。

ディケイドのFFRカードにより、外見がブレイラウザーに似た“ブレイドブレード”に変形。
写真は変形直前に、ブレイドブレードのパーツが出現したブレイドの状態である。

可動箇所は首・肩・上腕・肘・手首・指・股・腿・膝・足首。
やはり腰の回転はありません。

上半身のアップ。
やはり顔の造型が良いですね。

変身ベルト・ブレイバックル。
中央のスペードマークは立体的に表現。

横から見ると変形ギミックの都合上、身体に隙間ができています。
ここのせいで全FFR中最も横から見てはいけないライダーに。

肩は横に上げることができず、ソフビのような前後回転のみ。
上腕にロールあり、肘は90°曲がります。

腿は90°上げることが出来ますが、膝は刃のパーツが干渉して45°位しか曲がりません。

背中のブレードアーマーのカードトレイは展開してウイングっぽくなります。
反対側には、ブレイドJフォームのオリハルコンウイングを思わせる造型がされています。

ブレイラウザーが付属。 劇中のものとは少し形状が違っています。
もちろんブレイドの手に持たせることができますが、前述の通り肩が横方向へ可動しないので、
いまいち剣戟ポーズが決まりません。

装着変身(右)と比較。
FFR版ブレイドも正面から見れば悪くはないですね。

「ファイナルフォームライド・ブブブブレイド!」

仮面ライダーブレイドがブレイドブレードに変形した状態。
武器のブレイラウザーも使用して変形するので、余剰はゼロです。
ちゃんと刃の一部になっているのが面白いですね。

FFRディケイドに装備させたところ。

さすがに持ち上げるのはスタンド等を使用しないと厳しいです。

「ファイナルアタックライド・ブブブブレイド!」

必殺技のディケイドエッジが炸裂!!

劇中ではよくディエンドも使用してましたね。

第2回目のFFRレビューは以上です。 次回に登場するのは…この3体だ!

第3回
「FFR04 ファイズブラスター」・「FFR05 キバアロー」・「FFR07 アギトトルネイダー」


第4回
「FFR08デンオウモモタロス」&「FFR09ヒビキオンゲキコ」&「FFR10ゼクターカブト」


第1回
「FFR00 仮面ライダーディケイド」・「FFR06 仮面ライダーディエンド」・「FFR11 仮面ライダーディケイド(コンプリートフォーム)」

<2009/8/16 UP>

inserted by FC2 system