TOP > 勇者シリーズの玩具 > スーパーロボット超合金 超竜神

スーパーロボット超合金 超竜神

<2011年12月16日発売・5,040円・バンダイ>

セット内容一覧。
超竜神本体(左)、超竜神本体(右)、頭部ユニット、
パワークレーン、パワークレーン延長パーツ、パワーラダー、パワーラダー延長パーツ、
交換用手首、トンファー用グリップ×2、ミラーシールド3種。
魂STAGE用補助パーツA、魂STAGE用補助パーツB、
イレイザーヘッド、イレイザーヘッド延長パーツ、イレイザーヘッド補助スタンド

超竜神は左右のボディ、
頭部ユニット、ミラーシールド、パワークレーン、パワーラダーに分割されてパッケージされています。
左右のボディは氷竜・炎竜に変形することは出来ませんが、ちょっとした左右合体の雰囲気が味わえます。
また、今後発売される撃龍神の半身とそれぞれ入れ替えて合体させることもできます。

左右のボディを合体。

右腰にパワークレーンを取り付け。

同じく左腰にパワーラダーを取り付けます。

超竜神本体に頭部ユニットを取り付けます。

胸部にミラーシールド(胸部装甲)を取り付けます。



超竜神

同型のAIを搭載した兄弟ロボ・氷竜と炎竜がシンメトリカルドッキングして完成する。
GGG機動部隊で唯一、イレイザーヘッドが使用可能となる。

ガオガイガーがマッシブな体型で造形されていたのに対し、
この超竜神は設定画に近い、スタンダードなアレンジの少ない造形になっています。
特徴である左半身のブルー、右半身のレッドはメタリック塗装で再現。
シルバー部分も関節等の一部を除いて塗装されています。
脚部や肩関節等にはダイキャストが使用されています。

頭部アップ。 文句の付けようのないそっくりな造形。 正に超竜神。
ヘルメットとマスク部分の微妙な色味の違いも見事です。

胸部装甲のミラーシールド。
中心部分の青赤の塗り分けもしっかりと再現されています。

肩アーマーはビークルモードの先頭部分そのままですが、
ガオガイガーの肩(ライナーガオー)のようにクリアパーツは使われていませんでした。
赤色灯もクリアではなく、メタリックレッドで再現。

両腕にはダブルガン。 特にギミックはありません。

パワークレーン、パワーラダー。
今にも伸縮しそうですが、それは差し替えで再現です。

足の裏にディテールあり。

別売りの“スーパーロボット超合金ガオガイガー”(右)と比較。
超竜神はガオガイガーより少し小さめに作られており、劇中イメージどおりの身長差になっています。

可動。
首はボールジョイント。 
首下部分が後ろに傾くようになっているので、大きく見上げることができます。

肩はボール+軸の二重関節で可動。(見やすくする為にミラーシールドを外しています)
肩基部の隙間隠しのパーツは固定されておらず、肩関節に通してあるだけ。
二の腕にロール。

肘は二重関節で90度以上曲げられます。
肩アーマーは肩基部から伸びたアームの先端にボールジョイントで接続。
若干肩アーマーが邪魔に思えますが、それでも十分動かしやすい構造になっていると思います。

脇の下には隙間を埋める為のディテールあり。

腹部は写真程度に前後に曲げることが可能。 若干ですが横にも曲げられます。
腰の回転は写真程度が限界。 45度もいってないですが、左右分割ギミックがあることを考えると十分かも。

股関節は2軸の二重関節で、横・前後にスイング。
腰アーマーはフロント・サイド・リアが一体になっていますが、
横方向にスライド&横スイングするので脚を大きく開くことができます。
また前後にもスイングするので、脚を前に出す動きにも対応します。

ヒザは二重関節で、180度曲げられます。 正座だって可能。

足首はボールジョイント、つま先上下スイング。 前部分にカバーあり。
いわゆる箱足なんですが、見た目以上によく動きます。

パワークレーン、パワーラダーはジョイント部が軸回転し、更に基部が2重関節でスイング。

魂STAGE用補助パーツAを背中に取り付けることで、
別売りの魂STAGEの支柱を差し込んでディスプレイすることができます。

交換用手首パーツ。
持ち手、平手、ダボ付き平手(右手用のみ)
ダボ付きはイレイザーヘッドを構える際に使用します。

手首の交換はガオガイガーと同じく腕側にボールジョイントを残す形で行います。
ガオガイガーの場合手首を外すと腕に残ってくれたから良かったのですが、
超竜神の場合、大抵手首側に付いていってしまうので、
更に手首からボールジョイントを外す作業が発生し非常に手間がかかります。

パワークレーン、パワーラダーの延長。
どちらも先端パーツを外し、各延長パーツを取り付けます。

交換後。

先端にミラーシールドを取り付けることができます。
第16話でEI-16の砲撃に対し超竜神が行った戦法。
こんなマニアックなシーンを再現するとは…。
魂STAGE用補助パーツBを取り付け、別売りの魂STAGEの支柱を差し込んでディスプレイすることができます。

3種のミラーシールド比較。
左から交換用胸部装甲、胸部装甲(通常時に使用)、クレーン&ラダー取り付け用。
左から順に大きくなっていきます。
一番小さい交換用胸部装甲は、イレイザーヘッド使用時など腕を前に出すポーズの際に使用します。

ダブルトンファー。
パワークレーン、パワーラダーにそれぞれのカラーのグリップを差し込みます。

持ち手を使って持たせます。
これだけ長いものを細いグリップで保持しているので、
動かしているとグリップが持ち手の中で回転してしまうことが多いです。
個人的にはグリップと一体成型にして欲しかったです。



イレイザーヘッド

超竜神専用のメガトンツール。

横から。 E-99の文字は塗装だけでなくモールドも彫られています。

先端パーツを取り外し間に延長パーツを挟むことで、イレイザーヘッドLを再現することができます。

イレイザーヘッドL

ジョイントパーツも取り外すことで、射出後を再現することが可能。

超竜神と比較。
劇中比と比べるとちょっと小さい?

イレイザーヘッドを超竜神に装備。
ミラーシールドを交換用胸部装甲に差し替えます。

イレイザーヘッドのカバーを外します。(外しにくいですが隙間にツメを差し込むなどして行います)
露出した穴にダボ付き平手のダボを差し込みます。

グリップは左手用の持ち手で握らせます。

イレイザーヘッド装備

左手でグリップを持ち、右手でイレイザーヘッドを支えるのですが、
左手と右手の位置が近い為、すごく持たせにくいです。
(グリップを横に向けると穴が真下に来る感じ)
右手のダボも外れやすい為、このポーズを決めるのにとても苦労します。

イレイザーヘッドLも。
さすがにこの長さとなると付属の補助スタンドを使わないと支えきれません。

横から。
劇中ではクレーンとラダーでイレイザーヘッドを固定しているのですが、
下まで届かないのでそれっぽく前に向けています。

ポーズ集。

「超ーーーー竜ーーーー」

「神ーーーーーーー!!」

ドズァアアアアン!!
光線エフェクトが欲しい。









この写真では右手を普通の平手にし、添えるだけにしています。
実質イレイザーヘッドを支えているのは左手と補助スタンドのみ。 でも十分安定しています。
クレーンとラダーも後ろに向けて支えにし、超竜神を後ろに仰け反らせています。(劇中でも描写があります)
ようやくかっこよくイレイザーヘッドが構えられた気がします。


以上、スーパーロボット超合金 超竜神でした。
ガオガイガーの発売だけでも奇跡的だったのに、まさかの脇役ロボまでもが発売。
しかも堂々と一般発売です。 何と良い世の中になったのでしょう。

超竜神本体は造形・塗装共に十分な出来。
可動に関しては若干、他商品より劣る部分もありますが、(主に腰周り)
左右分割ギミックを実現していることを考えれば十分納得できるというもの。
しかもそのギミックが幻竜神、強龍神に繋がるのなら尚更です。
(現時点で撃龍神はWeb限定になるとのこと)

各武装も非常に再現度が高く、好感が持てます。
気になったのは手首の交換が面倒なのと、イレイザーヘッドが構えにくいことでしょうか。
イレイザーヘッドに関しては最後の写真で行った方法で個人的には解決ですが、
手首に関しては今後改善していって欲しいです。

総合的にはとても出来が良い商品と言えます。
次のビッグボルフォッグも楽しみです。

<2012/1/28 UP>

inserted by FC2 system