轟轟戦隊ボウケンジャー

冒険ブレスゴーゴーチェンジャー

<2006年7月発売・3150円>

ボウケンシルバーに変身せよ!!






ゴーゴーチェンジャー

ボウケンシルバー専用の変身ブレス。高丘映士が使用する。
もともとサージェスレスキュー用の装備であったが、明石の判断により高丘に授けられた。
ボウケンシルバーへの変身の他、ゴーゴービークルの発進、合体機能を持つ。

冒険ブレスゴーゴーチェンジャー

文字盤を押すことでボウケンシルバーの変身サウンドが鳴る。
また、回転ベゼルを回すことでゴーゴービークルを選択し、
発進シフトでゴーゴービークルの発進サウンド、合体シフトでサイレンビルダー合体サウンドが鳴る。



セット内容。ゴーゴーチェンジャーとベルト。



ベルトを通します。今回、横の電池ボックスが邪魔となって取り付けづらいです。



ゴーゴーチェンジャー



真正面から。

この部分はほぼ電池ボックス。右側にスピーカーあります。



腕に付けてみたところ。かなりボリュームがあります。



オープンスイッチを押すとカバーが開きます。




ゴーゴーチェンジャー(変身モード)



カバー有り、無し状態の比較。
ボウケンジャーの磁石マークと文字盤の位置がキレイに重なっているのが分かります。



スイッチを○に合わせて電源ON。


ピピッ!コトッと音がしてディスプレイが点灯。
右上から左下、また右上に戻る感じの光り方です。

その後何もしないでいると一定時間ごとにピピッ!と待機音が鳴り、ディスプレイが点灯。





ボウケンシルバーに変身

文字盤を押すと、変身スタート!
ゴーゴーブレス、スタートアップ!!

ジャシュウウンウウンウウンピピピピピッシュウウン
(ウウウウゥゥーーーーーーーーー………ン……)

みたいな感じの音です。やっぱりサイレン音っぽいですね。

これで変身完了。眩き冒険者!ボウケンシルバー!!

ディスプレイ点灯パターン。
文章での説明はちょっとギブアップ(苦笑)マルチショットで勘弁してください。とにかく複雑な動きです。





発進モード

GO!と書かれたボタンを押すと発進シフト・オン!と音声が鳴ります。
待機音が鳴り続けます。

回転ベゼル=セレクターを少し回すと、
ディスプレイに”11”と表示されファイヤー!と喋ります。
回す方向はどちらでも良いです。

文字盤を押すと
ギュウウウウウウーーーン!!ファイヤー!!GO!GO! ウウーーーウーーウウーーーン…(カーンカーンカーン…)
と、音声が鳴り上の画像のパターンでディスプレイが点灯。

音声については最初に(アクセルラーの)タービンを回したような音が鳴って最後はいかにも消防車チックな音が鳴ります。

ディスプレイはファイヤー!!の時に”11”、GO!GO!の時に”55”が表示されるのが面白いです。
(画像では”65”になってますが本来は”55”です。なかなかタイミングが合わなくて…)





次はビークルナンバー”12”ですがこの状態にするには再び最初から発進シフトをやりなおす必要があります。
セレクターを回していくとさっきと同じようにファイヤー!と喋り、更に回していくとエイダー!と喋ります。
つまり12番のビークル、”ゴーゴーエイダー”の発進音声は発進シフト・ON!ファイヤー!エイダー!となってしまいます。

文字盤を押すとギュウウウーーン!!エイダー!GO!GO!ピーポーピーポー…と鳴ります。

これは単独音声だから良いのですがやはりセレクトの段階でファイヤー!エイダー!と喋っているのは変な感じです。







さて次。流れで分かると思いますがビークルナンバー13、”ゴーゴーポリス”の場合は、
発進シフト・ON!ファイヤー!エイダー!ポリス!となってしまいます。

文字盤を押すとギュウウウーーーン!!ポリス!!GO!GO! ファンファンファン…

これは文句なしにかっこいい音ですがやはりセレクト時の音がちょっと…。
まぁ出動はいつも3台一緒でしょうからまとめても良いのかもしれませんが、
決定後の音が単独なんだもんなぁ…。

それとセレクターを”13”から更に回すと”1”と表示され、ダンプ!と喋ります。
文字盤を押すとダンプ!GO!GO!と喋ります。
その後は”4”と表示されフォーミュラ!と喋り…。最後の”10”ジェット!までいくと”11”に戻ります。
つまりゴーゴービークル1〜10番機にも対応しているわけです。
しかし当然ながら常に11番から喋らす必要がある訳で、特にジェットを発進させようと思ったらとんでもないことになってしまいます。

番組でシルバーが1〜10番機を発進させることがあるのかは分かりませんが、
あるのならどう描かれるか見ものですね。






合体モード

ロボのシルエットが描かれたボタンを押すと、合体シフト・ON!と喋ります。

発進シフトの時のようにセレクターを回し、ファイヤー! エイダー! ポリス!と鳴らします。

文字盤を押すとギュウウウーーン!! サイレンフォーメーション!! ガギイイイィィーーン!!と鳴ります。
最後のガギイイイィィーーン!!は合体音にしてはちょっと短くて物足りないです。

ちなみに1、2で決定しても合体不能、ということでエラー音が鳴ります。

ディスプレイには特に数字は表示されませんが、いろいろな動きをしてくれます(もう説明無理だから)

また合体シフトでも同様に1〜10番のゴーゴービークルが選択できます。
やはり合体シフトでも選択は11番のファイヤー!から始めなければなりません。

"4"番を選択するとドーザー!と喋り、文字盤を押すと
ギュウウウーーン!!ドーザー!パワーオン!! ガギイイイィィーーン!!
と、サウンドが鳴ります。

"5"番を選択するとマリン!と喋り、文字盤を押すと
ギュウウウーーン!! マリン! パワーオン!! ガギイイイィィーーン!!
と、サウンドが鳴ります。

"6"番を選択するとドリル!と喋り、文字盤を押すと
ギュウウウーーン!!ドリル!パワーオン!! ガギイイイィィーーン!!
と、サウンドが鳴ります。

"7"番を選択するとショベル!と喋り、文字盤を押すと
ギュウウウーーン!!ショベル!パワーオン!! ガギイイイィィーーン!!
と、サウンドが鳴ります。

"8"番を選択するとミキサー!と喋り、文字盤を押すと
ギュウウウーーン!!ミキサー!パワーオン!! ガギイイイィィーーン!!
と、サウンドが鳴ります。

"9"番を選択するとクレーン!と喋り、文字盤を押すと
ギュウウウーーン!!クレーン!パワーオン!! ガギイイイィィーーン!!
と、サウンドが鳴ります。

"10"番を選択するとジェット!と喋り、文字盤を押すと
ギュウウウーーン!!ジェット!パワーオン!! ガギイイイィィーーン!!
と、サウンドが鳴ります。

1、2、3番機を選択するとエラー音が鳴ります。
つまりサイレンビルダーは腕が換装可能、さらにゴーゴージェットとも合体できることが分かります。




連携機能があるのは嬉しいですが、アルティメットのような全部合体が無いのは残念です。





比較

アクセルラーと比較。
やっぱり個人的にはブレスの方が好きですねぇ。

ゴーゴーファイブのゴーゴーブレスと比較。
ゴーゴー繋がりってことで。

ついでにカバーを開いたところも。

久しぶりにゴーゴーブレスで遊んでみましたが、何と言うか…ショボイ(笑)
見た目もゴーゴーチェンジャーの方が断然かっこいいですね。
放送当時はすごく気に入ってたはずなんですが…。

やはり昔のもの、特に気に入ってるものは記憶の中で美化されるんですかね。




アクセルラーのギミックをうまくブレスに落とし込んだ感じです。
ですがタービン回転というアクションがなくなってしまった分、物足りなさも感じました。
効果音でアクセルラーのタービン回転音が使われているので余計に感じますね。

あとビークルの選択方法。
ファイヤー、エイダー、ポリス専用と考えれば非常にかっこいいのですが、
それ以降を選ぶ際には問題があると思います。いちいちファイヤーから読み上げるのはどうも…。

でもだからといってベゼル回転→文字盤押し→ファイヤー!→またベゼル回転では、回りくどいんですよね。
連続で回転させるのがかっこよさという面でもベターだと思います。なかなか難しいですね。
映像でどう描かれるか楽しみです。ベゼル回転させると、いきなりジェット!とか、反則技使いそうな気もしますけど(笑)


不満ばかり書いてますがゴーゴーチェンジャー、個人的にはかなり気に入ってます。
とにかくかっこいい!腕に巻くだけでもかなりの満足感があります。
ボイスも気合入っててグッド! ファイヤァァーー!!は特にお気に入り。
しかもそのあとが消防車の効果音。たまんねぇーー!めちゃくちゃかっこいいですよ。
サイレンビルダーと合わせて遊んだらどれだけ楽しいんだコレ。あ、向こうも音出るんだっけ?


満足度

参考までに。アクセルラーだったら9点です。


スーパー戦隊シリーズの玩具

TOP

inserted by FC2 system